大手銀行、純利益13%減

コロナで貸し倒れ費用膨れ

©一般社団法人共同通信社

 大手銀行5グループの2020年4~12月期連結決算が4日出そろい、三菱UFJフィナンシャル・グループを除く4社の純利益が前年同期比で減少した。純利益の合計は13.1%減の1兆6191億円。新型コロナウイルスの影響で融資先企業の経営が悪化し、貸し倒れに備えて積み立てておく費用が膨れ上がった。

 政府の企業支援により倒産件数は抑えられている側面があり、今後のコロナ感染の拡大次第では業績が一段と下押しされる可能性もある。

 コロナ不況で融資先の倒産による損失や倒産した場合に備え費用を計上する「与信関係費用」が全社合計で3倍強の7098億円に増加し、利益を圧迫した。