1990年代テレカで横浜ランドマークタワーと共演 「私と富士山」

© 株式会社神奈川新聞社

富士山とランドマークタワーが写るテレホンカード

 神奈川県西部の40代男性から1枚のテレホンカードが、読者から寄せられた取材リクエストに幅広く応える新企画「追う! マイ・カナガワ」に届いた。雪化粧した富士山と、朝焼けを反射する横浜ランドマークタワー。元旦から続く「私の富士山」の記事を見て、このカードのことを思い出したという。

 10代の頃、テレカをコレクションしていたという男性は「ランドマークタワーが完成したばかりで、欲しくなったのだと思う」と話す。写真は、みなとみらいに高層ビル群が建設される以前の景観で、裾野まできれいに富士が見える。

 カードを見た取材班一同も顔が緩んだ。富士の姿ばかりか、1月19日にマイカナで掲載した「黄金色のランドマークタワー」をほうふつさせる風景が、一枚に詰まっていたからだ。

 本紙アーカイブ室の資料と照らし合わせると、新港ふ頭の施設の建設状況などから、この写真はタワー竣工(しゅんこう)直後の1994年ごろに撮影された可能性が高い。

 NTT東日本に尋ねてみると、「以前は橋が架かるなどの記念でテレカを発行していたので、おそらく記念カードだろう」というが、テレカの取り扱いが縮小した近年は詳しい社員がいなくなり、よく分からないということだった。

 男性が大切に保管していたカードが、横浜の郷土史料になる日が来るかも…。取材班は今は懐かしいテレカを手に思いを巡らせた。