20年の消費支出は過去最悪

5.3%減、外食や旅行減少

© 一般社団法人共同通信社

東京・銀座をマスク姿で歩く人たち=2020年12月

 総務省が5日発表した2020年の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの月平均消費支出は27万7926円で、物価変動を除く実質で前年比5.3%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大が響き、減少率は比較可能な01年以降で過去最悪となった。

 感染対策の長期化で外食や旅行などへの支出が大きく減った。これまでは消費税率が5%から8%に上がった14年の2.9%減が最も悪かった。単身世帯を含む総世帯ベースでは6.5%減となった。

 20年12月単月の結果は2人以上世帯で1世帯当たり31万5007円となり、実質で前年同月比0.6%減。3カ月ぶりのマイナスだった。