ジャニーズ事務所が怯える「新・赤西軍団」復活の脅威~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』

©株式会社日本ジャーナル出版

ジャニーズの牙城が崩れるのも時間の問題か? (C)週刊実話Web

かつてのファンが聞いたら、涙を流して喜ぶかもしれない。ジャニーズ事務所を飛び出した赤西仁と錦戸亮、さらには山下智久らが加わり〝新・赤西軍団〟が始動するとの話がネットを中心に拡散しているのだ。すでに赤西と錦戸に関してはネットを中心に共同プロジェクト『N/A』を始動。さまざまな動きを見せている。

「音楽配信やSNSの立ち上げ、リリースやファンクラブ設立など、普通の芸能プロのような活動をしているんです。すでに年間3億円以上の純利が出ているそうです。ここに山下が加わるというんですから、誰もが注目しますよ」(事情通)

さらに昨年6月に退所した元『NEWS』の手越祐也も赤西軍団に興味津々な様子だという。

「色々な人脈を通じ、赤西や錦戸に接触できないかと考えているようです。手越は取り巻き関係とのビジネスばかりが忙しく、いま一つ芸能活動が回っていない。赤西軍団が気になって仕方がないようです」(同)

リストラ“ジャニーズJr.”の受け皿に…

さらに赤西は、あるサプライズも事業の始動を念頭に入れ、水面下で動き出したという。

「まさに赤西流の意趣返しです。実際に始まったら、多くの行き場を失ったタレントが殺到しますよ」(芸能プロ関係者)

1月16日にジャニーズ事務所は、ジャニーズJr.に関する制度の一部改定を発表。なんと、活動を満22歳までとする年齢制限を設けたのだ。この発表を受け、今後は、多くのジャニーズJr.がリストラされるという。

「赤西はこのJr.の視聴価値を1000億円市場になると考えているんです。こうした行き場を失った〝アイドルの卵たち〟を新たに囲い込む作戦です。いずれにせよ、赤西、錦戸、山下、手越らは皆、ジャニーズ事務所に対し、いい思いを抱いてはいない。機会があれば、意趣返しを狙っているはずです」(音楽プロデューサー)

ジャニーズの牙城が崩れるのは時間の問題か。