ジョナス・ブルー、“スウェーデンの注目新人”AWA迎えた新曲リリース

© ユニバーサル ミュージック合同会社

ジョナス・ブルーが、新進気鋭のスウェーデン出身R&BシンガーのAWAを迎えた新曲「Something Stupid」をリリース。

冒頭から高揚感に溢れた新曲「Something Stupid」は、Robin Sの90年代のヒット曲で日本でも馴染みのあるトラック "Show Me Love" の象徴的なシンセサウンドをサンプリング使用した曲で、ダンスフロアのエネルギーに満ち溢れたナンバーだ。タイトルの「Something Stupid」は“何かくだらないこと”といった意味で、考える前に”くだらないこと”を夢中になって喋ってしまうという、誰もが経験したことがある初期の恋の緊張した興奮を表現している。

今回ゲスト参加したAWAは、ロンドンを拠点に活動し、2020年のVEVO DSCRの "ONES TO WATCH "にも選ばれており、メディアからも"あなたの新しいR&Bの女神 "や"世界を征服するスウェーデンのシンガー "と称賛される新人アーティストだ。

新曲について、ジョナスは「2020年は私たちにとってとても辛かったし、2021年にはニュー・シングルでポジティブで高揚感のあるエネルギーを持って戻ってきたいと思っていたんだ。象徴的なRobin Sのサンプルは、スタジオで本当にそんな気持ちにさせてくれたし、AWAが素晴らしいヴォーカルを披露してくれたことで、全てがまとまったんだ。みんなにこの曲を聴いてもらって、2021年が始まるのが本当に待ち遠しいよ。」とコメント。

昨年は10億回以上のストリーミングを記録し、デビュー・アルバム『BLUE』もゴールドステータスを獲得したジョナス・ブルー。昨年末には日本のファンのためだけに贈る完全オリジナル・アルバム『EST. 1989』の発売も実現した。

そして全公演即完売となっていた大型ジャパン・ツアー「Jonas Blue THE BLUEPRINT 2020 JAPAN TOUR」は、新型コロナウィルスの影響を受け延期となっていたが今年4月に開催される予定となっている。

■商品情報

ジョナス・ブルー、AWA

ニュー・シングル「Something Stupid」

試聴・デジタル配信などはこちら