知念侑李、神宮寺勇太との“アレグラ人”共演秘話「すごく息が合う」

© 株式会社マイナビ

Hey! Say! JUMPの知念侑李が、4日深夜に放送されたラジオ番組『Hey! Say! 7 Ultra JUMP』(文化放送/毎週木曜24:05~24:30頃)に出演。自身がイメージキャラクターを務めるCM「アレグラFX」の撮影エピソードを語った。

嵐の大野智が、約8年にわたり、花粉に苦しむ地球人を救う“アレグラ人”のリーダー・サトシーラを熱演した「アレグラFX」のCMシリーズ。今月1日から順次オンエアされている新CMでは、芸能活動を休止している大野に代わり、知念とKing & Princeの神宮寺勇太が“アレグラ人”のチネラーとジングーラ、女優の吉高由里子が花粉症のOL・ゆりこさんとして登場している。

昨年から引き続き、同CMシリーズに出演している知念は、「なかなかのキャラクターですからね。みなさんにどう受け取ってもらえるのか、ちょっと楽しみ」とアピール。「リーダーの大野さんが帰ってしまったので、どうなることやら……ってちょっと不安だったんですけど」と、アレグラ星に帰還してしまったサトシーラがいない寂しさを打ち明けながら、「ジングーラっていう神宮寺と吉高由里子さん。すごい心強いメンバーが加わったということで、ホッとした」と心境を吐露した。

また、事務所後輩の神宮寺とは、2012年に放送されたドラマ『スプラウト』(日本テレビ系)以来の共演だという知念。「そのときもそんなにコミュニケーションが取れてたわけじゃないので。神宮寺がどんな子かっていうのも忘れてるくらいな感じだったんですけど」と前置きしつつ、「久々に共演して、2人で同じセリフを言ったりしてましたけど、すごく息が合うというか。全然バラバラにならないので、なんか良かったな~と。今後も上手くやっていけそうだなと思って、うれしかったですね」と、相性の良さを感じた様子だった。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。