アストロズのコレア、調停回避

12億円超の単年契約で合意

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、アストロズで2015年に新人王に輝いた内野手コレアが年俸調停を回避し、年俸1170万ドル(約12億3千万円)の単年契約で合意したと6日、メジャー公式サイトが伝えた。

 26歳のコレアは昨季58試合に出場し、打率2割6分4厘、5本塁打、25打点。球団の975万ドルの提示に対し、1250万ドルを希望し、年俸調停の公聴会に臨む予定だった。「調停は好ましくない手続き。避けられて、うれしい」と語った。

 調停の権利は基本的に出場登録が3年以上6年未満の選手に与えられる。今季がメジャー4年目となるエンゼルスの大谷の公聴会は19日の見通し。