阪神・川相臨時コーチが初ノック! ドラ1・佐藤輝も三塁守備「キッチリ捕れればアウトにできる」

©株式会社東京スポーツ新聞社

川相臨時コーチ(手前)のノックを受けた阪神・佐藤輝(中)

阪神・春季キャンプ(沖縄・宜野座)に臨時コーチとして指導に当たっている川相昌弘氏が7日、今キャンプで初めて自らノックバットを握り、若虎たちを鍛え上げた。

守備練習には小幡、北條らに加えドラフト1位ルーキーの佐藤輝明内野手(21=近大)も参加。現在はチーム事情もあり、外野手として起用されている佐藤輝だが、この日は三塁の守備位置に就き、伝説の守備職人からステップワークを中心に、徹底した指導を受けることになった。

川相氏は練習終了後、報道陣の取材に応対し「(佐藤輝の)足の使い方はまだまだですが、もともと投げる能力はある。ボールさえキッチリ捕れればアウトにできる力はあると思う」とコメント。矢野監督、担当コーチ陣からの要請で、今回の佐藤輝の内野特訓は実現。「まだまだ、キャンプは始まったばかりですから。これからです」と川相氏は柔和な表情で語ると、球場から引き揚げた。