冬のボーナス支給額「減少」企業増加

©静岡朝日テレビ

今期冬のボーナスの支給額を前の年より減らした企業が
大幅に増えたことが民間の調査で分かりました。

静岡経済研究所は去年12月、県内主要産業15業種の590社に
アンケート調査を行い245社から回答を得ました。
冬のボーナスについて質問したところ
前の年より「減少」と答えた企業が4割近くに達し
前年の調査に比べ大幅に増えました。
「支給なし」が8.2%あった一方で
支給額を「増加」させると答えた企業は
14.3%で前回の調査から減少しました。
業種別にみると製造業、非製造業とも
新型コロナの影響を色濃く受けており
「輸送用機器」や「電気機器」で6割以上が「減少」と答えました。
また「ホテル・旅館業」では「減少」および
「支給なし」が9割を超え
きわめて厳しい状況となりました。