【彦一もなか】八代の老舗和菓子屋「彦一本舗」の人気の一品!熊本を代表する最中

© 八代連絡帳

【彦一もなか】八代市の老舗和菓子屋さん「彦一本舗」の人気の一品

今回ご紹介するのは、八代の老舗和菓子屋さん「彦一本舗」の人気商品「彦一もなか」です。

八代の方は多くの方がご存知の商品ではないでしょうか。

「彦一もなか」は熊本・八代で長年愛されている和菓子で、第20回全国菓子大博覧会では「高松宮名誉総裁賞」を受賞しています。

私は小学生の頃に社会科見学で八代市高下西町にある彦一本舗本社工場店で工場見学をして、そのお土産として頂いた「彦一もなか」を食べて以来、彦一もなかのファンとなっています。

「彦一もなか」は、黒餡(くろあん)と白餡(しろあん)の二種類でどちらもつぶ餡です。上の写真は黒餡の彦一もなか。

こちらは、白餡(しろあん)の彦一もなか。

彦一もなかはあんこがたっぷり!サクサクの最中皮と相性抜群

袋をあけると、可愛い形をした最中が登場。

この形は、熊本・八代地方に古くから伝わる民話「彦一ばなし」の主人公”彦一”の形をしています。

そして、この彦一の形をしたもなかの中には、たっぷりとあんこが詰まっています。

最高ですね!

白餡(しろあん)も、もちろんたっぷりと詰まっています。

黒餡は北海道産の小豆、白餡は北海道産大手亡豆を使用されていて、最中皮は国内産もち米100%。

香ばしくてサクサク食感の最中皮と絶品あんこが相性抜群です。

長年、熊本・八代で愛され続ける最中「彦一もなか」を是非、食べてみては!また、熊本・八代観光のお土産としてもおすすめの一品です。

原材料
砂糖、小豆、手亡豆(きんとんの場合)、もち米(国産)、水飴、トレハロース、安定剤(海藻抽出物)

**彦一もなかのこだわり
**〇主役は餡子。厳選した北海道産
〇餡は自家製。職人技で炊き上げ
〇食べてびっくりの香ばしさ
〇発売から61年の伝統の味

「彦一もなか」は彦一本舗の公式サイトからのご購入も可能です。

公式サイト

お菓子の彦一本舗 駅前本店の 営業時間等基本情報

営業時間:9:00~18:00
定休日:あり
電話:0965-33-3515
駐車場:有
住所:熊本県八代市旭中央通1-1(アクセス[地図]はこちら)
公式サイト

※記事内容は取材時点のものです。変更となっている場合がございます。