BC茨城、前DeNA・濱矢廣大の獲得を発表 「チームの勝利のために毎試合、全力を」

©株式会社Creative2

前DeNAでBC茨城入団が決まった濱矢廣大【写真:津高良和】

楽天、DeNAでプレーし通算40試合に登板し3勝1敗、1ホールド、防御率7.25

ルートインBCリーグの茨城アストロプラネッツは8日、昨年までDeNAでプレーした濱矢廣大投手の獲得を発表した。

濱矢は2013年のドラフトで3位指名を受け楽天に入団。2019年にはトレードでDeNAに移籍し2020年オフに戦力外通告を受けていた。NPB通算は40試合に登板し3勝1敗、1ホールド、防御率7.25。

濱矢は球団を通じ「この度、茨城アストロプラネッツに入団させていただくことになりました濱矢廣大です。NPBでは、東北楽天ゴールデンイーグルで5年間、横浜DeNAベイスターズで2年間プレーしていました。今回、BCリーグという新たな環境で、野球をやらせていただける機会をくださった関係者の皆様には感謝しかありません。応援してくださる皆さまに喜んでいただけるよう、チームの勝利のために毎試合、全力を尽くして戦って参ります。茨城の皆さま、熱い応援をよろしくお願いいたします」とコメントを発表した。(Full-Count編集部)