雪の城内、濃淡の美 県内寒さ戻る

© 株式会社北國新聞社

うっすらと雪が降り積もった金沢城公園内(小型無人機から)

 石川県内は8日、冬型の気圧配置となり、雪が降った。金沢城公園では、城郭建築や周囲の木々に雪が積もり、水墨画のような濃淡の世界が描き出された。

 金沢地方気象台によると、午後6時までの12時間降雪量は加賀菅谷13センチ、白山河内8センチ、金沢7センチなどとなった。冬の寒さが戻り、日中の最高気温は金沢4.2度、輪島3.0度と前日より6度ほど低くなった。

 9日は冬型の気圧配置が次第に緩む見込み。

うっすらと雪が降り積もった金沢城公園内(小型無人機から)