九州新幹線全線開業10周年記念きっぷ発売 台紙に新幹線にまつわる写真を複数掲載

©株式会社エキスプレス

台紙(左)と券面(右)イメージ 画像:JR九州

九州新幹線(博多~鹿児島中央)は、2021年3月12日で全線開業10周年を迎える。JR九州はこれを記念し、2月10日(水)より「九州新幹線全線開業10周年記念きっぷ」の発売を開始した。

博多~鹿児島中央間の隣接する駅間の企画乗車券(乗車券・新幹線自由席特急券のセット券)11区間分と、記念台紙をセットにした。発売数は限定1,010セットで、先着順。郵送販売で受け付ける。1,010セットに達した場合は同社HP「ご案内」で告知する。

<きっぷ設定区間>
博多~新鳥栖、新鳥栖~久留米、久留米~筑後船小屋、筑後船小屋~新大牟田、新大牟田~新玉名、新玉名~熊本、熊本~新八代、新八代~新水俣、新水俣~出水、出水~川内、川内~鹿児島中央
計11区間(1区間:1,010 円)

利用期間は2021年3月12日(金)~2021年10月10日(日)で、期間内に1券片につき1回のみ使用できる。発売価格はきっぷ、台紙、郵送費込みで12,000円。大人のみ。

台紙は10ページのパンフレット仕様で、中には新幹線にまつわる写真が複数掲載されている。記念きっぷの券面はオリジナル地模様のD型券。裏面に券番を記載している。

鉄道チャンネル編集部