東京五輪パラ、森喜朗会長が辞意

12日に表明、後任に川淵三郎氏

© 一般社団法人共同通信社

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が辞意を固めた。11日、関係者が明らかにした。女性蔑視発言が国内外で反発や批判を受け、発言を撤回して謝罪したが、責任を取る形となった。12日の組織委の評議員会、理事会の合同懇談会で表明する見通し。後任は日本サッカー協会元会長で選手村村長の川淵三郎氏(84)が受諾の意向を明らかにした。

 森氏は11日、「まずはご迷惑を掛けたというおわびと、後はよろしくお願いしますと言わなければならない。大事なのは五輪の成功だ」と周辺に語った。史上初の延期となった五輪は、開幕まで半年を切ってトップが交代する異常事態。