野党、森氏辞任の判断遅いと批判

首相らの擁護姿勢も追及へ

©一般社団法人共同通信社

 野党は11日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言を巡り辞意を固めたことについて「遅きに失した」(立憲民主党の枝野幸男代表)と一斉に批判した。菅義偉首相や自民党が森氏を擁護してきた姿勢を追及する構えも示した。

 枝野氏は、地方県議とのリモート会合で「辞めないよりはましだ」と森氏を突き放した。福山哲郎幹事長は取材に「かばい続けた首相や自民党の体質が問われている」と強調した。

 共産党の小池晃書記局長は「辞任は当然だ。ここまで傷口を大きく広げたのは、続投を求めてきた政府、与党の責任が大きい」と非難した。