米、21年度財政赤字240兆円

コロナ対応で戦後2番目の大きさ

©一般社団法人共同通信社

米ワシントンのホワイトハウス(AP=共同)

 【ワシントン共同】米議会予算局(CBO)は11日公表した財政見通しで、2021会計年度(20年10月~21年9月)の連邦政府の財政赤字額が2兆2580億ドル(約240兆円)になると予測した。新型コロナウイルスへの対策が続き、前年度に次いで戦後2番目の大きさ。政府債務残高も約28兆5千億ドルと過去最大を更新した。

 財政赤字は昨年9月の前回予測より25%拡大し、対国内総生産(GDP)比で10.3%。新型コロナの感染再拡大により昨年末に9千億ドルの追加対策を講じたことが要因だ。20年度の財政赤字はGDP比14.9%の3兆1320億ドルだった。