プロ野球関係、昨季は陽性39人

観客からの報告は5件、コロナ

©一般社団法人共同通信社

 日本野球機構(NPB)は12日、昨季の新型コロナウイルスへの対応を取りまとめた「NPB2020年シーズン総括」を公式サイトで公開した。プロ野球関係者で陽性となったのは選手22人、コーチ2人を含む39人だった。

 陽性者の中で何らかの症状があったのは24人、無症状は15人だった。最も多かった症状は発熱の18人で、喉の痛みや違和感が6人、倦怠感が5人と続いた。

 試合観戦後に陽性となったという観客からの報告は5件あり、発症のタイミングなどからそのうち2件が保健所の調査の対象となったが、球場内での感染はなかったとした。

この記事はいかがでしたか?