変死遺体132人、コロナ感染

1月に急増、自宅や施設で

© 一般社団法人共同通信社

コロナ感染遺体数の推移

 全国の警察が1月に扱った変死などによる遺体のうち、新型コロナウイルスに感染していたのは20都道府県の132人に上り、うち123人が自宅や宿泊施設、高齢者施設などで容体が悪化し死亡していたことが12日、警察庁への取材で分かった。月別の過去最多となった昨年12月の56人から2倍以上に急増した。

 2月は10日までに7人で減少傾向。昨年3月~2月10日の合計は261人となった。

 警察庁によると、132人のうち、9人は外出先で発見された。生前に感染が確認されていたのは56人で、死後に判明したのは76人だった。