ワクチン対象は16歳以上

© 一般社団法人共同通信社

 田村憲久厚生労働相は12日、米ファイザー製の新型コロナワクチンについて「承認して差し支えないとの結論を得た」とし、接種の対象年齢は16歳以上になったと明らかにした。3週間間隔で2回接種する。