島鉄バスターミナル28日に廃止へ 3月から乗降場所移設

窓口業務は新設の「島原鉄道 総合案内所」に

© 株式会社長崎新聞社

島鉄バスターミナル=島原市弁天町

 島原鉄道(島原市)は12日、昨年5月末にいったん営業を終了したイオン島原店(弁天町1丁目)と島鉄バスターミナル(同)の再開発による店舗建て替えに伴い、解体する予定の同ターミナルを28日に廃止すると発表した。
 同ターミナルには現在、諫早や南島原、雲仙方面などに向かう路線バスや島原-福岡の高速バスなどが発着する。3月1日以降のバス乗降場所は、現在の場所から約200メートル南側の国道沿いに移設する。バスの運行は変わらない。
 同ターミナルの廃止に伴い、定期券や乗車券の販売といった窓口業務は同日から、島原駅(片町)に新設する「島原鉄道 総合案内所」が担う。