《福島沖地震》福島県内の常磐道で災害復旧工事 解除には時間がかかる見込み

相馬市内で土砂崩れ(14日20:10現在)

© 合同会社交通時象社

13日23:07頃、福島県沖を震源とするM7.3、最大震度6強の地震が発生しました。余震とみられる地震も相次いでいることから、今後の地震活動に注意してください。

常磐道土砂崩れ(@e_nexco_tohoku)

NEXCO東日本などによると、福島県内の常磐自動車道で災害のため、相馬IC~新地IC間で通行止めとなっています。解除には時間がかかる見込みです。
なお、磐越自動車道、東北中央自動車道、東北自動車道での安全確認による通行止めはすべて解除されています。利用時には広域迂回などを考慮の上、最新の道路交通情報を確認してください。

《通行止区間》
・常磐道  相馬IC~亘理IC(14日20:10現在)
 相馬IC~新地IC間で土砂崩れ

<解除済>
・常磐道
 水戸IC~いわき勿来IC     =13日23:08~14日02:10
 いわき勿来IC~いわき中央IC  =13日23:08~14日02:50
 いわき中央IC~常磐富岡IC   =13日23:08~14日08:25
 常磐富岡IC~相馬IC      =13日23:08~14日09:50
 新地IC~亘理IC        =13日23:08~14日20:10 ※山元IC~亘理IC間で道路隆起