東証、一時3万円突破

バブル期以来30年半ぶり

© 一般社団法人共同通信社

一時3万円を超えた日経平均株価を示すモニター=15日午前、東京・東新橋

 週明け15日午前の東京株式市場で日経平均株価が大幅反発し、一時3万円の大台を突破した。取引時間中として3万円を上回るのはバブル経済期の1990年8月3日以来、約30年半ぶり。日米欧が新型コロナウイルスを受けた景気対策で進める大規模な金融緩和や財政出動が追い風となった。昨年10~12月期の実質国内総生産(GDP)速報値がプラス成長となり、好感する買い注文も入った。

 朝方に一時500円近く上昇した。平均株価(225種)の午前終値は前週末終値比347円11銭高の2万9867円18銭。東証株価指数(TOPIX)は13.21ポイント高の1947.09。

東京証券取引所