ラトバラ、トヨタWRC代表就任後初のラリー参戦『セリカGT-FOUR』駆り見事優勝

©株式会社サンズ

 TOYOTA GAZOO Racing WRCのチーム代表を務めるヤリ-マティ・ラトバラが2月13日、フィンランドで行われたメシカメン・ラリーに参戦し、ユホ・ハンニネンとのコンビで総合優勝を飾った。

 今季からトミ・マキネンの後任としてWRC世界ラリー選手権に参戦しているトヨタチームの代表に就任したラトバラ。元トヨタワークスドライバーである彼は先週土曜日、母国フィンランドのヒストリックラリーイベントで、代表就任後初めてラリーカーのステアリングを握った。

 トヨタのテストドライバーを務める元僚友ユホ・ハンニネンをコドライバーに迎えたラトバラは、自身が所有するトヨタ・セリカGT-FOUR(ST165)でスノーラリーに臨むと全4本のSSすべてで最速タイムをマーク。約53kmからなるステージで後続に1分59秒の大差をつけて優勝を飾り、ドライビングスキルが鈍っていないことを証明してみせた。

「Perfect day!(完璧な1日!)」と、SNSを通じて勝利の喜びを語ったラトバラ。

「本当に素晴らしいウインターコンディションに恵まれ、ドライブするのがとても楽しかった。僕はこれが本当に恋しかったんだ」

 メシカメン・ラリーにはラトバラの父、ヤリ・ラトバラも別のセリカGT-FOURで参戦した。2004年以来初めての“直接対決”となった今戦、彼は優勝した息子から約4分遅れでフィニッシュし、総合11位/クラス2位となっている。

 母国のスノーラリーを制したラトバラは今月26~28日に行われるシリーズ初の北極圏ラリー、WRC第2戦アークティックでトヨタのドライバーが自身の勝利に続くことを願っている。

 開幕戦モンテカルロで、セバスチャン・オジエとエルフィン・エバンスによるワン・ツー・フィニッシュを飾り、選手権をリードするTOYOTA GAZOO Racing WRT。チームは続く第2戦にもオジエ、エバンス、カッレ・ロバンペラ、そして勝田貴元を加えた4台体制で参戦し、さらなる成功を目指す。

2021年からトミ・マキネンに代わってTOYOTA GAZOO Racing WRT代表になったヤリ-マティ・ラトバラ