災害速報メールを誤配信、システム改修で設定ミス 滋賀・野洲

© 株式会社京都新聞社

野洲市役所

 滋賀県野洲市は16日、災害情報を携帯電話に速報する緊急速報メールを誤配信したと発表した。防災行政無線システムの改修作業中、設定ミスで試験メールを配信してしまったとしている。

 市によると、午後3時6分と同7分の計2回、「11」や「abc」と書かれた試験メールを誤配信した。市内のほか守山、栗東、近江八幡市、竜王町など近隣市町域の携帯電話にも配信されたとみられるという。市危機管理課は「ご迷惑をかけ、深くおわびする。今後このようなことがないよう努める」と陳謝した。