浦和・柏木、移籍へ…期限付きも視野 キャンプ規律違反、杉本と店貸し切り飲酒「長いキャンプでストレス」

©株式会社埼玉新聞社

金武町フットボールセンターでのミニゲームでパスを出す柏木(右)=3日

 浦和は16日、元日本代表MF柏木陽介(33)と移籍先を探すことで合意したと発表した。期限付きも視野に移籍が決まり次第、退団となる。戸苅淳フットボール本部長がオンライン会見に応じて明らかにした。柏木はキャンプ中の規律違反で厳重注意と罰金処分を受けていて、クラブを通じ、「軽率な行動で多大なるご迷惑をおかけしたことに深くおわび申し上げます。自覚が足りず、このような行動に至ったことを深く反省しております」とコメントした。

 柏木は、新型コロナウイルス対策の徹底が求められた沖縄県金武町のキャンプ中だった4日に、同僚のFW杉本健勇(28)と2人で飲食店を貸し切って食事し、飲酒もした。

 沖縄は独自の緊急事態宣言中でコンビニ以外の外出を不可としていたクラブは、翌5日にチーム内の情報から事態を把握し、2選手は6日の練習から外れた。事実関係を認めている両者は猛省し謝罪した。処分を受けて杉本は10日のさいたま市内での練習から合流したが、昨秋にも規律違反があった柏木は練習参加が認められていなかった。

 外食したことを柏木から聞いた戸苅本部長は、「長いキャンプで多少ストレスを感じていたと説明を受けた」とし「監督の意見を尊重した上でこのような形になった」と話した。クラブは今後、柏木の移籍先を探しつつ、練習の場を提供するなどサポートしていく方針。

 クラブは管理不行き届きで、戸苅本部長や西野努テクニカルダイレクターらにも厳重注意処分を科した。