立憲民主が「ゼロコロナ」対策案

緊急事態宣言と補償を両輪に

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党が新型コロナウイルス禍を脱するため提唱する「ゼロコロナ」対策の原案が18日、判明した。感染収束を最優先にするため緊急事態宣言解除のハードルを引き上げる一方、事業者の損失に対する一定の補償も約束し、対策の両輪とする。PCR検査を拡充するとともに、高齢者への新型コロナワクチン接種を速やかに実施する。今後党内で議論を始め、ゼロコロナ対策を固める。

 立民はゼロコロナを「政府への対抗軸」(泉健太政調会長)と位置付けている。感染を集中的に抑え込んだ上で経済活動を再開させる立場を明確にし、感染抑制と経済活動の両立を目指す菅政権との違いを強調する。

この記事はいかがでしたか?