レッドブルF1、ホンダPU搭載の2021年型マシン『RB16B』を2月23日に発表へ

©株式会社サンズ

 レッドブル・レーシングが2021年型F1マシン『RB16B』を2月23日に発表することを明らかにした。

 F1技術レギュレーションにより、今年は基本的には2020年のシャシーが引き継がれることが決まっており、開発が厳しく制限されている。そのため、レッドブルは今季型のマシン名を、昨年型と同じ『16』を使用した『RB16B』と名付けた。

 今シーズン、マックス・フェルスタッペンのチームメイトは、アレクサンダー・アルボンに代わり、ベテランのセルジオ・ペレスが務める。パワーユニット(PU/エンジン)を供給するホンダが2021年末でF1活動を終了することを決めていることもあり、レッドブルにとってもホンダにとっても王者メルセデスからタイトルを奪取することが、今季の大きな目標となるだろう。

セルジオ・ペレスがレッドブル・レーシングのファクトリーでシート合わせ