がらっとデザインが変わった! 新旧ホンダ ヴェゼルの内外装を写真で比較してみた

©株式会社MOTA

2021年2月18日(木)に新型モデルが世界初公開されたホンダ ヴェゼル。2021年4月の発売開始を前にSNS上などではさっそく「かっこよくなった」「ホンダの割に2代目でデザインがガラッと変わった」と話題になっている。新型は旧型モデルに対して一体どんな仕上がりとなったのか。新旧のホンダ ヴェゼルの内外装を写真で比較する。

ホンダ ヴェゼル 新旧比較

新型のエクステリアはよりクーペスタイルを強調

新型ヴェゼル(e:HEV プレイ)

新型ヴェゼルのエクステリアは、先代(初代)で好評だったクーペ風のフォルムをさらに強調するスポーティなデザインに進化した。さらに、前後に芯を一気通貫させた、水平基調が採用されている。

メッキ加飾を最小限にとどめ、フロントグリルをボディ同色としたシンプルないでたちながら、これまでにない上質な雰囲気で高級感ある外観デザインに生まれ変わった。

クーペ風のフォルムを採用し、一見するとラゲッジルームや後席といった車内スペースが犠牲になりそうな新型ヴェゼル。2021年2月時点で数値は未公表だが、実際に乗り込んでみた印象は、意外にも足もとスペースなどが先代に比べ広くなっていた。

新型ヴェゼル(e:HEV プレイ)

リアでは、使い勝手のよいゲート開口、ハンドルの位置を造形の中に自然に組み込み、美しさと機能性を両立している。

ダイナミックでスポーティなデザインの先代ヴェゼル

ヴェゼル ツーリング(2019年モデル)

先代ヴェゼルは、3代目フィットのパワートレインやプラットフォームなどをベースにしながらも、ボディサイズは拡大。クーペSUV風の流麗なスタイルながら、十分な室内空間を備える。

デザインはシャープなキャラクターラインと複雑な面や線で構成され、ダイナミックでスポーティなデザインとなっている。

大きな変化が感じられるインテリアを比較

新型ヴェゼル(e:HEV プレイ)

新型ヴェゼルのインテリアは「かたまり感」のあるフォルムを重視し、SUVの力強さを表現した一方、身体に触れるような近い部位には、柔らかな触感と形状のパッドをあしらい、強さと優しさを兼ね備えた空間に。

インパネデザインは水平基調に変更され、助手席や後席からでもナビなどのモニター、さらには視認性が向上している。

また、最上級グレードのプレイにはコネクテッド機能を強化したる9インチホンダコネクトナビが標準装備される。

そのほか、五感に訴える愉しさとして、心地よい光を室内に取り入れるパノラマルーフや、心地よい風を提供するエアコン吹き出し口を新採用している。

先代ヴェゼルはコクピット感満載のインテリア

ヴェゼル ツーリング(2019年モデル)

先代ヴェゼルのインテリアは、運転席側に操作系がオフセットされており、コクピット感満載のデザイン。エアコンの操作パネルは高級車によく見られる静電式を採用するほか、ソフトパッドを多用した高級感溢れる演出がなされている。

気になるラゲッジは?

新型ヴェゼル(e:HEV プレイ)

新型ヴェゼルのラゲッジは現在のところ荷室容量は公表されていないものの、荷物を積みやすい大きな開口部となっている。併せてテールゲートの開き方も工夫され、大開口ながら開閉しやすい設計が採用されている。

先代ヴェゼルは広く低い開口部

ヴェゼル ツーリング(2019年モデル)

先代ヴェゼルのラゲッジは、5人乗車でも393Lの大容量ラゲッジスペースを確保(ハイブリッド/FF車)。リアシートを倒せばさらに空間が広がる。また、開口部も低く、重い物の積み込みも容易に可能となっている。

この記事はいかがでしたか?