リニア着工、住民の理解前提

国交省、静岡側に説明

© 一般社団法人共同通信社

リニア中央新幹線静岡工区を巡り、国交省が開いた静岡県10市町との意見交換会=21日午後、島田市役所

 国土交通省は21日、リニア中央新幹線静岡工区を巡り、トンネル掘削で大井川の流量が減少することを懸念している静岡県10市町との意見交換会を開いた。工事を開始できない現状を打開するのが狙いで、着工は流域住民の理解を得ることが前提条件との認識を改めて伝えた。

 国交省の上原淳鉄道局長らが静岡県島田市を訪問。上原氏は会合後の取材に「国の有識者会議は地域の理解を得るために開催している」と述べ、理解がない状況では着工できないと強調した。