アリアナ・グランデ、最新アルバム『positions』に5曲を追加収録したデラックス版配信開始

© ユニバーサル ミュージック合同会社

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)が新曲とリミックスを追加収録した最新アルバム『positions』のデラックス・ヴァージョンを2021年2月19日にリリースした。

自身6作目のスタジオ・アルバムに追加されたのは、インタールードの「someone like u」に続き、「test drive」「worst behavior」「main thing」、そしてドージャ・キャットとミーガン・ジー・スタリオンをゲストに加えた「34+35 (remix)」の合計5曲。

<動画:アリアナ・グランデ「34+35」

アリアナは以前、新曲についてこう語っていた。

「この時代、この章、この物語、そしてこのアルバムの一部として新曲が出てくることを常に想像していました。これらの新曲はアルバムに第二の人生を与える必要がある、聴いてもらう必要があると感じていました」

今回追加された新曲は、アリアナが『positions』で使用していたポップでもR&Bでもあるサウンドに、加えて親密さとロマンスの探求を続けている。このデラックス盤がリリースされて以来、いわゆるアリアナのファンやセレブリティたちは興奮を抑えきれずにツイッターに投稿し、抑えきれない感動を表現し、新曲を生きる新たな理由と表現している。

『positions』は、もともと2020年10月30日にリリースされ、11月13日に全米アルバムチャートで1位を獲得。アメリカ以外ではアルゼンチン、カナダ、アイルランド、リトアニア、ニュージーランド、ノルウェー、イギリスでチャートのトップに立つなど成功を収めている。

2008年にアリアナがデビューして以来、彼女の音楽は数々の称賛と賞を受け、2020年には米Billboardが彼女を2019年の最も偉大なポップスターと表彰していた。

Written By Eleanor Forrest

_____

アリアナ・グランデ『positions (deluxe)』
2021年2月19日配信