意味不明の話を執拗に 警察署に迷惑電話1700回 容疑で男逮捕 滋賀・大津

© 株式会社京都新聞社

大津署

 滋賀県警大津署に迷惑電話を約1700回掛けたとして、同署は22日、偽計業務妨害の疑いで、大津市の無職男(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は、1月22~29日、自宅の電話から同署の代表番号に約1700回電話し、署員が応答すると即座に切ったり、意味不明な内容の話を執拗(しつよう)にしたりするなどし、業務を妨害した疑い。