男性死亡…運転する車、中央分離帯を超えて対向車と衝突 ブレーキ痕、スリップ痕なし 意識失ったか/飯能

トラックと衝突、乗用車の男性が死亡=飯能市

 22日午後1時15分ごろ、埼玉県飯能市双柳の国道299号で、狭山市柏原、無職の男性(87)運転の乗用車がトラックと衝突、男性は搬送された病院で死亡が確認され、トラックを運転していた群馬県の男性(42)が足に軽傷を負った。

 飯能署によると、現場は幅約13メートル、片側2車線の直線道路。乗用車が中央分離帯をはみ出し、対向から来たトラックと衝突した。現場に乗用車のブレーキ痕やスリップ痕などがなく、同署は運転中に意識を失った可能性もあるとみて、詳しい事故原因を調べている。

© 株式会社埼玉新聞社