ビリー・アイリッシュ、ドキュメンタリー公開を記念したプレミア・イベント開催決定

©ユニバーサル ミュージック合同会社

日本時間の2月26日午前11時から、Appleオリジナル・ドキュメンタリー「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」の公開を記念して、プレミア・イベントの開催が決定した。Apple TVアプリケーション、 Apple Musicアプリケーション、ビリー・アイリッシュ自身の YouTube チャンネル を通じて無料配信される同イベントは、ビリー本人も登場し、トークや独占パフォーマンスが行われる予定だ。更に、ドキュメンタリーを監督したR.J.カトラーのインタビューや作品からのクリップなども公開される。

Instagram「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」プレミア・イベント告知画像

このイベントの直後に、ドキュメンタリー「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」 はApple TV+ で公開される。

さらにこれを記念して、ビリー・アイリッシュのYouTubeチャンネルでは、ドキュメンタリーのタイトルにも採用された歌詞の一部(世界は少しぼやけている:The world’s a little blurry)を含む楽曲 「ilomilo (イロミロ)」のライブパフォーマンス音源が公開された。2019年10月10日にヒューストンの Toyota Center にて収録された同曲のパフォーマンスの一部は、ドキュメンタリーでも見ることができる。

YouTube ビリー・アイリッシュ- 「ilomilo (イロミロ)」ライブパフォーマンス音源

「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」は、シンガーソングライターのビリー・アイリッシュが世界的スーパースターに成長するまでを描いた、新しい時代の到来を告げるストーリーになっている。ドキュメンタリーで数々の賞に輝くR・J・カトラーが監督を務めた本作は、類稀なる才能をもったティーンエイジャーの素顔を掘り下げ、若干17歳にしてミュージシャンとして北米・欧州ツアーを敢行、ステージに立ち、家族と共に自宅で暮らすかたわら、作曲やレコーディングを行い、デビュー・アルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」を発表するまでの道のりを描いている。

YouTube 「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」のトレイラー