銃撃され20歳の若さでこの世を去ったラッパー、ポップ・スモークの死から1年 ベテランラッパーらが追悼

© ユニバーサルミュージック合同会社

Youtube:Pop Smoke - The Woo ft. 50 Cent, Roddy Ricch

Pop Smoke(ポップ・スモーク)が亡くなってから一年が経った。2020年の2月19日に、彼は自宅に侵入したものに銃撃され亡くなったが、その後リリースされた遺作「Shoot For The Stars, Aim For The Moon」は2020年を代表する大ヒット作品となった。彼の2020年におけるインパクトは凄まじく、ロングセラーとなった。そんな彼が亡くなってから一年が経ったということで、XXLがNY出身のラッパーたちからのコメントを掲載しているため、紹介したい。

 【関連記事】Pop Smokeが亡くなるまでの数ヶ月をSkeptaや50 Centが追う。「本当に大きな存在をなくしたと知ることになるだろう」

 50 Cent 

 彼の頭の良さに驚いたよ。彼は多くのことをちゃんと聞き、ディテールに気がつくタイプの人だった。彼の才能が開花するのを見るのは、まるで魔法のようだった。ものが上手く速度はコントロールできない。彼の時代では、多くの人が彼の作品から影響を受けている。

 Fabolous

 彼の声はとてもオリジナルで、他のラッパーたちのなかでも頭角を表すスタイルを持っていた。彼はラフだけど、スムーズだった。彼には明快さとメロディがあった。彼にはポテンシャルがあった。彼の作品にあるエネルギーは新しく、ギャングスタでありストリートであったけど、それでも楽しくてメロディアスだったんだ。だから多くの人が彼と作品を擁した。

 Fat Joe

 俺がわかるのは、彼は全く違うレベルのスーパースターになる人材だった。彼のアルバムから素晴らしい成長を聞くことができたし、ニュースクールのNYのリーダーになれる人だった。

 Maino

 彼には誰とでも音楽を作ることができるエネルギーがあった。彼の才能を知っていたつもりだったけど、遺作が出てから改めて彼のフルポテンシャルを知ったよ。彼が「自分はドリルラッパーではない」と言っていたのを思い出すよ。彼は20歳だったけど、全くそんな感じはしなかった。光を持っていたんだ。真の意味でのスターだったと思うよ。彼はニューヨークにまた火をつけた存在だった。