堀江貴文氏がBC埼玉武蔵のアドバイザーに就任「球団経営に大きな可能性を」

©株式会社Creative2

BC埼玉武蔵のアドバイザーに就任した堀江貴文氏【写真:Getty Images】

球団が期待「野球に興味のない人たちをどのように球場に呼ぶか」

プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグに所属する埼玉武蔵ヒートベアーズは24日、実業家の堀江貴文氏のアドバイザー就任を発表した。球団側は「野球に興味のない人たちをどのように球場に呼ぶか等をこれから一緒に考えていただきます」と意図を語っている。

堀江氏はライブドア時代の2004年、経営難でオリックスに吸収合併された近鉄の買収を計画。その後、東北に新球団を設立する構想を打ち出すなど、球界参入に興味を示した時期もあった。今回の発表でも、埼玉武蔵側は「堀江氏はプロ野球の球団経営に大きな可能性を感じています。BCリーグという、まだまだ発展途上なマーケットをいかにおもしろくしていくか」と堀江氏に期待している。(Full-Count編集部)