公開15周年「時をかける少女」4DX上映決定 細田守監督「スタジオ地図」設立10周年記念

© 合同会社シングルライン

「時をかける少女4DX」の写真をもっと見る

2006年に劇場公開され、今年公開15周年となるアニメーション映画「時をかける少女」が、体感型上映システム「4DX」で、4月2日より期間限定公開されることが決まった。細田守監督が設立した「スタジオ地図」が2021年に10周年を迎えることを記念して実現した。

「時をかける少女」は、筒井康隆の同名小説を細田守監督が再構築し、初めてアニメーション映画化した作品。過去に飛べるタイムリープの能力を手にした女子高校生の真琴が、自分の過去をやり直していくうちに「人生のかけがえのない時間」の意味を見つけ出していく物語が展開される。2006年に6館の劇場公開からスタートし、幅広い観客の評判を呼んで8カ月を超える超ロングラン上映となった。また、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞やシッチェス・カタロニア映画祭アニメーション部門最優秀長編作品賞を受賞するなどの評価を受けた。

時をかける少女4DX
2021年4月2日(金)より全国4DXシアターにて期間限定公開
配給:スタジオ地図LLP ユナイテッド・シネマ