スヌープ・ドッグ、アイス・キューブ、Too $hort、E-40が組んだヒップホップ・グループのアルバムにドクター・ドレー参加

© ユニバーサルミュージック合同会社

Youtube:Dr. Dre Is the Only Feature On Too Short, E-40, Snoop Dogg & Ice Cube's Upcoming Project

ヒップホップ・スーパーグループを結成すると昨年末に発表し、大きな話題になったSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)、Ice Cube(アイス・キューブ)、Too $hort(トゥー・ショート)、E-40の4人。グループ名などは明かされていないが、西海岸のベテランたちによる夢のようなプロジェクトの公開を多くのファンが待ち望んでおり、この度Too $hortとE-40がそんなグループについて語った内容を紹介したい。

 【関連記事】西海岸ベテラン:スヌープ・ドッグ、アイス・キューブ、Too $hort、E-40がヒップホップ・グループを組む。

 Too $hortとE-40はHipHopDXのインタビューに答えており、スーパーグループについて語っている。なんとグループによるプロジェクトにはDr. Dre(ドクター・ドレー)がゲスト参加しており、さらに彼が唯一のゲスト参加アーティストとなっているようだ。Too $hortは以下のように話している。

 「ドレーもいるよ。スヌープが彼を誘ったんだ。彼はスヌープの相棒で、アイス・キューブの相棒でもあるからね。ビッグな映画も一緒に撮影したよな。マジな話だし、彼に聞く必要もないよ。」

 ここまでベテランのアーティストたちが集まるとやはり楽曲制作のプロセスにもまた違った苦労があるようで、可能な限り最高なアルバムを作るためにお互いの仕事をどのように批評していくかを全員で決める必要があったとToo $hortは続けている。

 プロセスの中で起きた美しい出来事の一つがあって、初期の段階で俺たちはそれぞれが最高位のリーダーであるということを全員が認め合ったんだ。ずっとそのようにやってきたけど、このプロジェクトでは全員がお互いに批評をしあったり、提案をしたりする権限を持つことに決めた。全部が間違いないし、俺はお前が言うことを信じると。マジで、「ブラザー、お前が昨日スピットしたヴァースはワックだったな」みたいな。そしてブラザーはもう一度ヴァースを録音し、「今回は上手く行ったな」と話す。お互いを支え合っているような状況なんだ。

グループ内での決めごとについて語ったToo $hortであるが、一度だけ問題があったと彼は続けており、アイス・キューブのヴァースが「ハード過ぎた」ようだ。

 アイス・キューブに「ブラザー、さっきのはハード過ぎる。」と言ったんだ。それから数時間後、彼は戻ってきたんだけど、「俺は何も変えないからな。」と言われたんだよ(笑)

 西海岸のベテランたちによるヒップホップ・スーパーグループの楽曲リリースなどに期待したい。