検証委員会メンバー検討中、早急に対応 総務相

©株式会社エコノミックニュース

 武田良太総務大臣は26日の記者会見で菅義偉総理の長男で東北新社に勤務する菅正剛氏らから総務省審議官ら多数が供応接待を受けていた問題で設置するとした「新谷正義副臣をヘッドとする検証委員会」について「メンバーや進め方について検討中で、一刻も早く国民の信頼を取り戻せるよう早急に対応する」と語った。

 武田大臣は「今回の事案で衛星基幹放送の業務認定そのものに国民から強い疑念の目が向けられることとなったことを深くお詫び申し上げたい」と陳謝した。

また今回の事態を重く受け止めているとし「検証委員会は新谷副大臣をヘッドとするほか、客観的かつ公正に検証頂けるよう、第三者の有識者に構成員となっていただく予定で、 検証内容や方法については参加頂く有識者の方々のご意見も踏まえながら検討するよう、一昨日、私の方から指示させていただいた」と述べた。

 武田総務大臣は24日の臨時記者会見の際にも「客観性や国民が納得いくものでないといけないと思っている。イメージとしては弁護士の方も入ってもらおうと思うし、第三者もしっかりと入ってもらって検証していただく。そうした委員会にしていきたい」と述べていた。(編集担当:森高龍二)

この記事はいかがでしたか?