ヴァレオ、HDマップ大手のDMPと協業 自動運転システム開発を加速

© 株式会社自動車新聞社

フランスに本拠を置くメガサプライヤーのヴァレオと、高精度3次元地図データ(HDマップ)の大手プロバイダーであるダイナミックマップ基盤株式会社(以下、DMP)は、 自動運転システムの開発を促進するため、正確な自車位置推定とHDマップ更新のためのテクノロジーとビジネスモデルを共同で開発するパートナーシップに合意した。

車両が周辺環境を認識し、自車位置を正確に特定することは、ADAS(先進運転支援システム)と自動運転車の開発における主要課題の一つとなっている。また、インフラや道路環境の変化に対応する上で、自動運転車が使用するHDマップの定期的な更新も、リソースと時間が必要な課題だ。

ヴァレオはADASと自動運転システム向けのセンサーとシステムを開発している。これには、標準のGNSS

と唯一の自動車グレードのLiDARであるValeo SCALAとポイントクラウドマップのみを使用して市街地でセンチメートルレベルの精度での自車位置推定を提供する、高精度のローカリゼーションとマッピングシステムValeo Drive4U Locateを含む。

※GNSS(Global Navigation Satellite System)とは、QZSS(準天頂衛星システム)や GPS、GLONASS、Galileo などの衛星測位システムの総称。

一方、DMPは、自動運転の実現に必要なHDマップと高精度3次元点群データ(ポイントクラウドデータ)を提供している。

両社は、ADASや自動運転の品質向上に必要な高精度自車位置推定技術、および地図更新技術につき、非独占的かつグローバルに共同でサービスを提供することを目指し、技術・事業両面の検討を行うことで合意した。

自動運転レベル4を実現する「ヴァレオ Drive4U」