フォーミュラEシーズン7開幕! メルセデスのデ・フリースが初優勝を挙げ、世界選手権初戦を制す

©株式会社サンズ

 2月27日、2020/2021年ABB FIAフォーミュラE世界選手権“シーズン7”がサウジアラビア・ディルイーヤで開幕を迎え、ニック・デ・フリース(メルセデスEQフォーミュラEチーム)が初優勝を挙げ、FIA格式の世界選手権初戦、そしてフォーミュラE史上初のナイトレースを制した。

 ニッサン・e.ダムス陣営はオリバー・ローランドが6位に入り、エースのセバスチャン・ブエミは13位という結果で初戦を終えている。

 24台の電動フォーミュラカーで争われる2021年のフォーミュラEは、シーズン7からFIA公認のワールドチャンピオンシップとして開催されることになった。レースの開催は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって当初の予定が変更されてしまったが、無事にサウジアラビアのディルイーヤで開幕を迎えた。

 そんなディルイーヤE-Prixの予選でポールポジションを獲得したのは、フリー走行1回目と2回目でもトップタイムを記録しているデ・フリースとなった。パスカル・ウェーレイン(タグ・ホイヤー・ポルシェ)が2番手となり、レネ・ラスト(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)が3番手に続いている。

ポールポジションを決める予選スーパーポールに進出した6名のドライバーたち

 45分+1周で争われる決勝レースがスタートすると、全車クリーンな出だしを見せ、大きな混乱なくオープニングラップを終えた。そのなかでもポールポジションスタートのデ・フリースは快調な走りを披露し、2番手ウェーレインとのギャップを広げにかかる。

 そのままレースが進み、10周目にはペースの上がらない2番手ウェーレインを3番手のラストが捉え、1コーナーアウトからオーバーテイクを見せる。抜かれたウェーレインもすぐさまアタックモードに入りラストにプレッシャーを掛けるが、その後もペースが上がらずに差は広がってしまう。

 レース残り25分となる16周目、6番手を走行するアレックス・リン(マヒンドラ・レーシング)とサム・バード(ジャガー・レーシング)が接触して、両者はクラッシュ。バードはレースに復帰するも、リンがコース上にストップしてしまいセーフティカーが導入された。

 レースは残り14分30秒から再スタート。リスタートでも大きな波乱はなく各車ポジションをキープして周回を続ける。

 しかしレース残り11分、6番手のマキシミリアン・ギュンター(BMW i アンドレッティ・モータースポーツ)がコーナーを曲がりきれず壁に接触してしまい単独クラッシュ。ギュンターはコース上にマシンを止めたため再びセーフティカーが導入された。

 そして残り5分30秒でレースは再スタートを迎える。トップのデ・フリースは逃げの体制に入り、2番手はラストと、ポジションを上げてきたエドアルド・モルタラ(ロキット・ベンチュリ・レーシング)、ミッチ・エバンス(ジャガー・レーシング)の3台で争われ、モルタラとエバンスがラストを捉えてオーバーテイクしたため、2番手を走行していたラストは4番手まで後退してしまう。

 レースはそのままフィニッシュを迎え、終始快走を見せたデ・フリースがトップチェッカーを受け嬉しいフォーミュラE初優勝を獲得。2位はモルタラ、エバンスが3位というトップ3になった。

 レース序盤は2番手争いを繰り広げていたラストとウェーレインが4位と5位に入り、ファイナルラップで追い上げを見せたニッサン・e.ダムスのローランドが6位でフィニッシュしポイントを獲得。チームメイトのブエミは13位、フォーミュラEデビューレースとなるニック・キャシディ(エンビジョン・ヴァージン・レーシング)は19位完走を果たしている。

 このディルイーヤE-Prixはダブルヘッダーで開催されており、2月28日には第2戦が続けて行われる予定だ。

2020/21年ABB FIAフォーミュラE世界選手権第1戦ディルイーヤE-Prixのスタートシーン
1コーナーアウトからパスカル・ウェーレイン(タグ・ホイヤー・ポルシェ)をオーバーテイクするレネ・ラスト(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)
レース終盤に追い上げを見せて6位フィニッシュを果たしたオリバー・ローランド(ニッサン・e.ダムス)
フォーミュラEデビューレースを19位完走で終えたニック・キャシディ(エンビジョン・ヴァージン・レーシング)
2020/21年ABB FIAフォーミュラE世界選手権第1戦ディルイーヤE-Prixの表彰台

2020/21 ABB FIAフォーミュラE世界選手権第1戦順位結果

■2020/21 ABB FIAフォーミュラE世界選手権第1戦ディルイーヤE-Prix 暫定順位結果

Pos. No. Driver Team Laps QF

1 17 N.デ・フリース メルセデスEQフォーミュラEチーム 32 1

2 48 E.モルタラ ロキット・ベンチュリ・レーシング 32 4

3 20 M.エバンス ジャガー・レーシング 32 6

4 33 R.ラスト アウディスポーツ・アプト・シェフラー 32 3

5 99 P.ウェーレイン タグ・ホイヤー・ポルシェ 32 2

6 22 O.ローランド ニッサン・e.ダムス 32 10

7 29 A.シムズ マヒンドラ・レーシング 32 11

8 5 S.バンドーン メルセデスEQ・フォーミュラEチーム 32 15

9 11 L.ディ・グラッシ アウディスポーツ・アプト・シェフラー 32 16

10 8 O.ターベイ NIO 333フォーミュラEチーム 32 13

11 13 A.F.ダ・コスタ DSテチーター 32 18

12 27 J.デニス BMW i アンドレッティ・モータースポーツ 32 14

13 23 S.ブエミ ニッサン・e.ダムス 32 17

14 71 N.ナトー ロキット・ベンチュリ・レーシング 32 12

15 25 J-E.ベルニュ DSテチーター 32 19

16 36 A.ロッテラー タグ・ホイヤー・ポルシェ 32 7

17 4 R.フラインス エンビジョン・ヴァージン・レーシング 32 24

18 88 T.ブロンクビスト NIO 333フォーミュラEチーム 32 22

19 37 N.キャシディ エンビジョン・ヴァージン・レーシング 32 21

20 7 S.セッテ・カマラ ドラゴン/ペンスキー・オートスポーツ 32 20

21 6 N.ミューラー ドラゴン/ペンスキー・オートスポーツ 32 23

NC 28 M.ギュンター BMW i アンドレッティ・モータースポーツ DNF 9

NC 10 S.バード ジャガー・レーシング DNF 12

NC 94 A.リン マヒンドラ・レーシング DNF 5