富山市のブリ支出再び全国一 総務省家計調査

©株式会社北日本新聞社

 総務省による2020年の家計調査で、富山市の1世帯(2人以上)当たりのブリへの支出額は6990円となり、全国1位に返り咲いた。19年は4位(4643円)で、47年連続で維持したトップの座を譲っていた。県が26日、富山市分の結果を公表した。購入数量も1位で4775グラム。19年は3124グラムで2位だった。

 その他の品目の支出額では、昆布が1887円で1位。データがある1960年以降、2位だった2013年を除いて60回目のトップとなった。コーヒー飲料や餅、ブロッコリー、ケーキ、冷凍調理食品なども1位だった。

 2人以上の世帯の消費支出は月30万2233円で7位(19年9位)。勤労者世帯の実収入は月69万406円で5位(同17位)、可処分所得は月57万3533円で4位(同12位)だった。

 家計調査は県庁所在地などで実施し、富山市の調査世帯は2人以上の96世帯と単身の8世帯。