JR高崎線、岡部駅構内の枕木から煙 高崎―大宮駅間で一時運転見合わせ 上下2本運休、1万人に影響

岡部駅構内の枕木から煙=深谷市

 26日午後7時半ごろ、埼玉県深谷市岡のJR高崎線岡部駅構内から煙が出ているのを下り貨物列車の運転士が見つけ、高崎線は高崎―大宮駅間の上下線で一時運転を見合わせた。

 JR東日本高崎支社によると、上り線と中線に振り分けるポイント付近の枕木から煙が出ていたという。同駅で停車していた下り普通電車の運転士と消防隊が消火活動を行い、電車は午後8時5分に運転を再開。高崎線は上下2本が運休、15本に遅れが生じ、約1万人に影響が出た。

© 株式会社埼玉新聞社