ムロツヨシのパワハラを告発! 業界評価が最悪だと判明…今週の芸能ニュースTOP10

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(2/25配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 ムロツヨシのパワハラを告発!“業界評価”最悪で人望の無さが浮き彫りに… 182pt.

2位 松山ケンイチの“嫁呼び”に女性視聴者が怒り「この発言はマズい」 147pt.

3位 『ネプリーグ』大人気ユーチューバーが番組を台無しに…「ただの一般人」 114pt.

4位 『Mステ』ビリー・アイリッシュ再登場も視聴者激怒!「日本舐めすぎでしょ」 92pt.

5位 『有吉の壁』トリオ芸人の下品すぎるネタに悲鳴「気持ち悪い」「飯時に…」 87pt.

6位 『Mステ』声優のアフレコ企画でスタジオ凍る…タモリたちが“お通夜”状態 85pt.

7位 HIKAKINの“詐欺動画”に視聴者落胆「ちょっとガッカリ」「失礼やろ」 77pt.

8位 松嶋尚美が明かした“長女の食事”風景に批判殺到「無神経過ぎる」 75pt.

9位 芸能界から擁護ナシ! 花田優一、TKO木下…“ガチ嫌われ者”の闇 72pt.

10位 福原愛の日本帰国は“離婚”フラグ!?「あんなにラブラブだったのに…」 69pt.

松山ケンイチの“嫁呼び”に女性視聴者が激怒

今週もっとも注目を集めたのは、俳優・ムロツヨシにまつわる話題でした。

コトの発端は2月16日発売の『週刊女性』。お調子者キャラで明るく、芸能界にも多くの交友があるムロですが、最近はこれが行き過ぎているようです。

「記事に書かれているのは、映画会社の関係者談。証言によると、ムロは『俺は出世するスタッフを見抜ける』と豪語し、撮影現場で若手スタッフをターゲットにして、周囲に『今から○○くんが面白いことしまーす!』と叫んで一芸させる無茶振りを繰り返しているそう。ムロとしてはコミュニケーションのつもりなのでしょうが、関係者は現場への影響を懸念。このご時世、公衆の面前でスベったりギャグをさせたりし、恥をかかされることは、立派な〝パワハラ〟にあたると心配を口にしています」(芸能記者)

この背景には、ムロのお調子者体質に加え〝天狗〟になっていることが影響しているそう。

「記事内で別の関係者が証言しているのですが、最近のムロは上映館数の少ない映画などは、企画案すら見ずに断っているとのこと。さらに、インタビュー記事の取材に来た記者に対しても、現場の若手スタッフ同様に『何か面白いこと言ってみて』と無茶振りをする失礼な態度を連発していると暴露されています」(同記者)

ついに、業界内からも〝性悪エピソード〟がリークされるようになったムロ。その多岐にわたる証言からは、業界内での人望の無さが立証されてしまったようです。

続いては、2月16日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演した、俳優の松山ケンイチにまつわる話題。

松山は、進行役のウエンツ瑛士とロケでうなぎ屋を訪れると、お土産用のうなぎを購入。2011年に女優の小雪と結婚し、今や2男1女のパパである姿がすっかり板についていました。

さらに、超売れっ子芸能人夫婦であるにも関わらず、派手な生活をしていないと告白。「すごい節約してる。10代の頃は毎週服屋行ってたけど、服を買わない。髪を切るとかも…」と明かします。ここでウエンツが、散髪代を浮かすために撮影現場のヘアメイクさんに髪を切ってもらっているという松山の話を暴露しました。

松山は「必要だからやってもらっているだけ」と、ケチっているわけではないと否定しつつ、「髪が伸びてしょうがない時は自分で切ってる。あと嫁に切ってもらってる」と明かすのでした。

庶民的な松山のエピソードに、ネット上では好意的な声が。しかし、一部の女性たちは〝嫁〟呼びに違和感を覚えたようで、

《松山さんのことだけでもないけど、妻のことを嫁というのが、どうも個人的にだめ。嫁って…》
《嫁という間違った言葉を広めないでもらいたい》
《嫁って言ってほしくなかったなぁ》
《この発言はマズかった。「嫁」なんていったものなら、日本女性から袋叩きに合うのが今の日本ですよ》

といった批判的な意見も寄せられてしまうことに。

女性蔑視については特に過敏になっている昨今。ちょっとした一言が、大問題になってしまうのかもしれません。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。