学校防災の水準達成45%

人手に課題、自治体アンケート

© 一般社団法人共同通信社

津波で大きな被害を受けた大川小=2011年3月23日、宮城県石巻市

 宮城県石巻市立大川小の津波避難訴訟確定判決を機に強化された学校防災の水準を達成したのは、全国の市区町村の45%にとどまることが28日、共同通信アンケートで分かった。避難場所や危険区域を示したハザードマップの想定を超える災害への備えを求められることに、戸惑いの声が多い。教員の人手不足や専門性不足が課題で、取り組みに時間がかかっている実情が浮かび上がった。

 アンケートは昨年10~12月、全1741市区町村を対象に実施、84%に当たる1469市区町村が回答した。

 大川小では児童74人が犠牲となり、市や学校の事前防災の不備を認めた仙台高裁判決が19年に確定した。

大川小判決が求める防水水準達成へ学校の対策を見直したか