J2水戸、今季初戦黒星 ホームで大宮に1─2

©株式会社茨城新聞社

3312人が訪れた開幕戦で大宮に挑む水戸イレブン=ケーズデンキスタジアム、菊地克仁撮影

明治安田J2第1節最終日の水戸は28日、ケーズデンキスタジアム水戸に大宮を迎え開幕戦に挑んだが、1─2で逆転負けを喫し、2年連続で黒星スタートとなった。

J1昇格を目指す水戸は前半8分、相手守備陣の背後に抜け出した深堀が冷静に左足でゴールに流し込み先制した。だが、運動量が落ちた後半は相手に主導権を握られ、後半25分に同点にされると、38分には逆転を許した。

今季のJ2は、J3から昇格した2チームを加え22チームで争い、2チームがJ1に昇格し、4チームがJ3に降格する。新型コロナウイルスの影響で、観客の収容人数や応援方法に制限がある。

▽Ksスタ(観衆3,312人)
水戸 1敗(0) 1-2 大宮 1勝(3)
1-0
0-2