伊ポンペイ、古代馬車を発見

「ほぼ完全な形」、結婚式用か

© 一般社団法人共同通信社

イタリア南部ポンペイの北方で見つかった四輪馬車(ポンペイ考古学公園提供・AP=共同)

 【ローマ共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されているイタリア南部の古代都市遺跡ポンペイの近くで、結婚式などの儀礼に使われたとみられる馬車が損傷を受けていない「ほぼ完全な」状態で発見された。ポンペイ考古学公園が28日までに発表した。

 見つかったのは四輪の大型馬車。鉄の部品や、青銅とスズの美しい装飾のほか、ロープや花飾りの痕跡もあったという。発掘を指揮するマッシモ・オサンナ氏は「古代の知見を深める驚くべき発見だ」と強調している。