KinKi Kids、理想の後輩像を語る 岸優太は「年齢離れすぎ」

© 株式会社ドットレンド

KinKi KidsとSixTONESのジェシー、髙地優吾が2月20日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)に出演。KinKi Kidsが理想の後輩像を明かした。

この日の放送では「KinKi Kidsさん僕たちをもっと可愛がってください!」という企画内で、ジェシーと高地がKinKi Kidsに自分をアピールする場面があった。普段から交流があるというジェシーと堂本剛。「普通に連絡してくるやん」と剛が水を向けると、ジェシーは「普通には連絡しないですよ!気持ちを込めて打ってます」と明かした。

話はKinKi Kidsの理想の後輩像にも展開。剛は「いろんな先輩のタイプいらっしゃると思うんですけど、別にあんまり後輩くんが思ってるほどなんにも考えてないです」と回答。「会いたいな」と」言って後輩を困らせるのも面倒だといい「あんま連絡せえへん」と語った。それでも自粛期間中はジェシーに連絡をしていたという剛。ジェシーは「その前もスタジオいらっしゃるということで、『遊びに来る?』って。優しいんですよ」とエピソードを明かした。さらにジェシーは「1時間36分電話しましたね、自粛中は!」とアピール。剛は「細かい分数覚えてるのが気持ち悪い」とツッコんだ。

一方で堂本光一は、後輩像のようなものは自分も持っていないといい「滝沢(秀明)とか(今井)翼とか、あのへんが最後かな、後輩」とコメント。舞台『Endless SHOCK』に出演経験があるKing & Princeの岸優太はどうかと尋ねられると「年齢離れすぎちゃってて、ちょっと息子ぐらいの…息子とは言わんけど(笑)、後輩だよね!って感じはそんなにしないかな」と語った。