日田に新たな「進撃」銅像 「人類最強の兵士・リヴァイ」6日公開【大分県】

© 有限会社大分合同新聞社

「リヴァイ兵長」の銅像が設置されるJR日田駅前

 【日田】人気漫画「進撃の巨人」の主要キャラクター「リヴァイ兵長」の銅像が6日、日田市元町のJR日田駅前広場にお目見えする。作者の諫山創(はじめ)さん(34)は同市大山町の出身。新たな「聖地」として話題を呼びそうだ。

 「進撃の日田まちおこし会議」(織田荘太郎代表)が手掛けた。インターネット上で寄付金を募るクラウドファンディング(CF)で754人から2968万円を集めた。

 同町の大山ダム前に昨年11月、主人公ら3人の銅像を設置。多くのファンが訪れる人気スポットになっている。リヴァイ兵長は主人公と並ぶ人気キャラ。巨人と戦う調査兵団に属し、ファンが「人類最強の兵士」と慕う。CFの資金を活用して造った。

 除幕は、新型コロナウイルスの感染予防対策として報道陣のみに公開。正午ごろから一般公開する予定。

 織田代表は「リヴァイ像をきっかけに、作者にゆかりのある関連スポットも散策してほしい」。聖地巡礼による地域の活性化を期待している。