SixTONES京本大我、紅白初出場の裏話明かす「本番はガチガチでした」

© 株式会社ドットレンド

SixTONESの京本大我が2月26日放送の『沸騰ワード10』(日本テレビ系)に出演。2020年末に出演した『NHK紅白歌合戦』の裏側を明かした。

この日の放送では、御朱印集めにハマっているという京本が「御朱印に取り憑かれた京本大我第3弾」として、入手困難な御朱印を集めるという企画を決行した。その道すがら、タクシー内でスタッフから「いろいろパワースポットも行ってますけど、いいことありました?」と質問されると、京本は「もちろんありましたよ」と回答。「紅白歌合戦に出させていただきまして」と2020年末に初出場した『NHK紅白歌合戦』を挙げた。

「本番はガチガチでした」という京本は「初出場者だけでやる会見の日の朝に、他のお仕事…取材みたいな形で呼ばれて、急に目の前に滝沢(秀明)くんが現れて、『今から紅白の会見行きます』って」と出場決定したときのことを回顧。滝沢に言われた1時間後には会見が始まっていたとも話し「言葉も準備出来ていないですし、本当に純粋な気持ちでみんな答えてました」と振り返った。