大宮で仙台産イチゴの先行販売 18日オープンの観光農園、新品種を新鮮なまま直送「ぜひ味わって」

「にこにこベリー」を手にする三浦さん=5日午後、さいたま市大宮区

 埼玉県さいたま市大宮区の商業施設「アルシェ大宮」特設会場で7日まで、仙台産イチゴ「にこにこベリー」の先行販売が行われている。東日本大震災で被災した宮城県仙台市に今月18日オープンする観光農園で収穫され、新鮮な状態のまま大宮へ直送された。企画者の1人で、農業ベンチャー企業「リビングルーツ社」の三浦大輝さん(25)は「イチゴが復興の象徴になればうれしい」と話している。

 アルシェ大宮とリビングルーツ社、仙台の観光農園「JRフルーツパーク仙台あらはま」などが共同で実施。

 イチゴは同農園で収穫されたオリジナル新品種。濃厚な甘みと酸味のバランスが良く、熟した真っ赤な色が特徴だ。

 仙台出身の三浦さんは東日本大震災を実際に経験し、「10年の節目で郷土を応援したい」とイチゴの販売を企画した。

 店頭に並ぶのは5~7日まで3日間。仙台市にオープンする同農園に先立って販売される。

 販売初日の5日、店頭には100パック(約300グラム、税込み980円)のイチゴが並び、多くの人が買い求めた。被害地との絆を深めるため、今後は仙台産農産物の販売も行う予定だという。

 アルシェの中島祥雄代表取締役社長は「震災復興への思いが込められたイチゴをぜひ味わってほしい」と呼び掛け、三浦さんは「10年の節目を間もなく迎え、復興への思いを共有したい」と話している。

 販売は正午から。数量限定で無くなり次第終了。

 問い合わせは、事務局(電話048.647.0111)へ。

© 株式会社埼玉新聞社